プログラミング教室

プログラミング教室へ

ゲストメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失
TIME

 

@

TOP  >  TOPブログ  >  こっこー  >  生徒達  >  KOKKO特急0422

こっこー さんの日記

 
2024
4月 22
(月)
23:06
KOKKO特急0422
本文
またぞろ、宿題について。

宿題はやりました。
でも、確認テストは出来ませんでした。

これは、毎度毎度言ってることだけど、
「宿題やった意味ない!」ということ。

ましてや、宿題と同じ問題が
確認テストで出てきて、
「まちがっちゃった・・・苦笑」では
宿題やってないのと同じです。

宿題は、その問題が次に出てきたら、
確実に出来るような状態に仕上げる
所までが範囲にあたります。

宿題のページ、プリントをやったからといって
そこで「完璧!」と考えているうちは、
成績が伸びることはありません。

自分の力で「再現」できないと
ダメなのですよ。

トップの確認テストで
一番「やばいテスト」の内容は、
「宿題と全く同じ問題」です。

ごまかしがきかないテストは
これまで歴代のトップ生が、
ブルブルしてきたものです。

まずは、宿題を丁寧にやれというのは、
基本をしっかり身につけてほしいから。

ヒネリの部分は、確認テストで
調整できますが、基本の定着は
宿題でやってほしい。

最低限、宿題の部分が「できる」ように
なっていれば、何も
問題ないのです。本来はね。
それが宿題なんです。

だから、宿題は学習姿勢の基本と、
基礎学力を養ってくれるのです。

宿題が15分や20分で終わるはずが無いのです。
ただやってくるという簡単なことを
要求しているのではないからです。

雑なやり方をしたり、さぼってしまうと、
「正しい宿題のやり方」が出来なくなり、
取り戻すまで非常に時間がかかります。

なんのために宿題をやっているのか。
自分は本当に内容を理解しているのか。

しっかり自分を見つめて、
課題をやる時間を大切にして下さい。


塾 トップ どんな塾? おもしろい

トップ進学ゼミ にわとり担当こっこー Arrivederci!
閲覧(2142)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。