プログラミング教室

プログラミング教室へ

ゲストメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失
TIME

 

@

TOP  >  TOPブログ  >  なかしゃん  >  つれづれ  >  個人的見解

なかしゃん さんの日記

 
2024
4月 8
(月)
14:09
個人的見解
本文
先日、新中2年生のクラスの授業後、あとにした教室から叫び声がした。
それはまるでジャングルの奥地の原住民達の祭りのようだった。

何!?この奇声は!?
なんでアンタらそんなテンションなの?
何の儀式?
気は確かか?

チラリと覗いてみた。
あ、じいさまも混じってる。

なーんだ、通常運転か。
春になると、全員頭の中に花が咲くね。
クスッ。



(ヤベー塾)



桜の季節を生徒達から感じている国語担当のなかしゃんです。
こんにちは。
新入塾生も慣れたらこうなると予想。




先月卒塾した生徒たち、特に3Sクラスの子たちが中1だったときは
「え?この子ら、高校行くとこあるん?」
と不安になるレベルだったのに、中3になり、高校進学していったのは
「キミら、マジでよくやったな」
と感慨深いものがあった。
生徒はびっくりするほど成長していく。

今年も中1の国語クラスを担当することになった。
GH校には小学生のクラスにZクラスがあり、中1からそこそこできる生徒もいるが、正直、大丈夫かなぁって心配になる生徒もいる。それでも入塾テスト突破して入塾してくれた生徒たちである。力はあると思う。

私は毎年毎年同じことを教えているようでも、同じことを繰り返しているわけではない。
生徒一人一人毎年違うからだ。
時代は令和。
移り変わる時代は古い価値観と新しい価値観が混ざり合う。
どちらかがよくて、どちらかが悪い、というような答え探しではなく、どちらからもよさを見出せる視点を持ってもらえたらと思う。

塾で使っている国語のテキストの文章には中学生には難しい内容もあるので、わからんことがあっても当たり前。
わからんかったら質問して下さいね。


なかしゃん:「わからんままで家に帰ったらあかんで」


(何気にスパルタ)
閲覧(349)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。