プログラミング教室

プログラミング教室へ

ゲストメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失
TIME

 

@

TOP  >  TOPブログ  >  dai  >  つれづれ  >  トップの本棚―最早草頼み(もはやくさだのみ)

dai さんの日記

 
2021
7月 6
(火)
22:29
トップの本棚―最早草頼み(もはやくさだのみ)
本文
名にし負わば
逢坂山の
さねかづら
人に知られで
くるよしもがな

三条右大臣

何これ楽しい~


『5文字で百人一首』 すとうけんたろう 講談社


タイトル通り、百人一首の各歌の意趣を5文字にまとめた本である。
「そこでこの本では、歌をそれぞれ5文字に要約して、ざっくり内容がわかるようにしてみた。」(はじめに より)

霜降り明星の粗品のツッコミばりに、キレっキレである。たぶんフォントと字の大きさのせいもある。

ちはやぶる
神代も聞かず
竜田川
からくれなゐに
水くくるとは

在原業平朝臣

「空前の紅葉」

っていう感じ。


「俺だけ玉砕」 By 源重之

「不正は無い」 By 小式部内侍






この本は当面の間(8月末くらいまでの予定)、GH校の本棚に置いておくことにします。



授業の時間だ!


2年生数学は1次関数へ。最初に試行錯誤でいろいろな関数(と言っても3次関数くらいまで)のグラフはどうなるのだろう、ということをして1次関数が直線になることを確かめる。式とグラフの関係さえ納得したら、後は早い。


確認テストには入れなかったが、早く出来た子向けのボーナス問題として、次の連立方程式を。(「各々2分で解け」という設定)

(1) 51x+49y=1
    49x+51y=2
(慶応高校)

(2) 133x+33y=1
    401x+98y=3
(You Tubeで見かけた問題)

ポイント
そもそも方程式(等式)は、両辺に同じ操作をしても等号関係は崩れない。
その意味で代入法も加減法も、やっていることは変わらない。


確認テストが設定より5分早く出来て満点だった子は、この点がしっかり自分のものになっているようで、あっさり上の2問とも正解を出していた。


☆ 解はコメント欄に書いておきます。
閲覧(3950)
カテゴリー
投稿者 スレッド
dai
投稿日時: 2021/7/6 22:41  更新日時: 2021/7/6 22:41
長老
登録日: 2017/3/30
居住地:
投稿数: 1122
 RE: トップの本棚―5文字で百人一首
(1)は2式を足すと
100x+100y=3
上の式から下の式を引くと
2x-2y=-1
この連立なら加減法は簡単!
x=-47/200、y=53/200

(2)は定数項の係数をそろえる。
【上の式】×3-【下の式】をすると
-2x+y=0
よってy=2x
これを上の式に代入して
199x=1
よってx=1/199、y=2/199

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。