プログラミング教室

プログラミング教室へ

ゲストメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失
TIME

 

@

TOP  >  TOPブログ  >  こっこー  >  生徒達  >  KOKKO特急0605

こっこー さんの日記

 
2022
6月 5
(日)
13:20
KOKKO特急0605
本文

本日は月に1度の実テDAY
Day and night で 一日中
一日中 は 四六時中
四六時中 は もともと 二六時中 

実テは実力で受けるから勉強しない!という
生徒はさすがにいないらしい。

この時期は学校の定期テスト対策との兼ね合いもあり
実テより、まずは定期テストの勉強を!

とくに1年生は初めての定期テストを迎える生徒が大半。
定期テストの対策を進める中で
これまでの復習をしっかり行ってほしい。

学校のワークの問題はすららラララと解けないと
「実力テスト頑張る!」とか言ってられませんよね。
足元をしっかり固めることが先。

さて、トップの授業は復習が基本。
確認テストでは、同じ内容が手を変え品を変え
何度も出題されます。同じ問題ではないので
生徒は気づかないかもしれません。

そのうち気づくはずです。「そろそろくるんちゃうか?」って。

この深読み、とても重要です。
出題者の意図を読む。入試でもここを意識するだけで
設問の関係性が見えてくる訳です。

目に見えるものが全てではありません。
行間や裏を読む訓練を常にしておけば、
物事をとらえる時の解像度が上がるのです。

昨日、GH校の中1生に不思議な目で見られました。
それを見てDANZEN先生がニヤニヤしながら言うのです。
「この先生のこと知らんの?新しい先生ちゃうか。聞いてみたら?」
生徒は素直に聞いてくるのです。
「先生は誰ですか?新しい先生ですか?」
そして私はこう答える。
「新しい先生かなー?俺は、誰なんやろなー?」笑
隣で自習する中2が気の毒な表情を浮かべています。

私は、一体何者なのでしょう。
どこからきて、どこへと向かう存在なのでしょう。
何もわからない。
ただ、一つ確かなことは、
私が今ここに存在している認識していること。
かのデカルトさんも言っています。
I think,therefore I am.

そんな私の心の内を読み取れれば、
めでたく「コッコー認定証」の授与です。

というわけで、「先生は誰ですか?」という問いには
「私、コッコー。君もコッコー」が正解のようです。

トップ生は、そんな私に構わずに、
自分の足元を固めてください。


塾 トップ どんな塾? おもしろい

トップ進学ゼミ にわとり担当こっこー Arrivederci!
閲覧(1181)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。