プログラミング教室

プログラミング教室へ

ゲストメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




SSL
パスワード紛失
TIME

 

@

TOP  >  TOPブログ  >  こっこー  >  日常  >  KOKKO特急0920

こっこー さんの日記

 
2021
9月 20
(月)
18:26
KOKKO特急0920
本文


夕日の光が教室に差し込む。
休日の車の流れは相変わらず。
最近模様替えが億劫になっているが
少しずつ変化させるつもり。
ほとんどいじるとこないけど笑

今週は23(木)も塾が休みで、
授業があるのは火、水、金、土の4日間。
中3は実践も自習もあり、毎日のように会うのだけれど、
中1、中2は授業日以外にはほぼ会わないため、
すこし寂しいな。まあ、毎年そんなもん。

・・・と、帰り支度をしていると、もう一人のS君登場。
もう日が暮れてるやないかーい!笑まあ、ええけどな。
集中して勉強できるなら、どんどん来たらいいでがす。

さて、あらかた「昼のS君」がいる間に今日の仕事はかたがついたが、
「夕方のS君」の時間は、テスト対策の準備かな。
それにしても、毎度のことになるが、学校の授業進度が、
科目間で大幅に違う。
今年、大改訂の英語は、例年よりもゆっくりペース。
むしろ、後半怒涛の追い上げラッシュ来るかと思うと
塾に通ってない生徒は、ごっそりオイテケボリーか。
1学期のゆっくり過ぎるペースが、2学期後半から
じわじわボディブローのようにきいてくる。

あと、理科!年々「塾対策」で単元の進み方を
コロコロ変えるパターンが増えてきている。
中3では、生物・地学と物理・化学の理科担当2人体制で
同時に進めてくるのは、結構見受けられるのだけれど、
今年は中1から導入の学校も・・・
学校側からすれば、先生の授業が組みやすいのかも知らんけど
まだ勉強の習慣がついていない中1では、さすがにきつい。
ガンガン進む塾ですら、分野挟み込みスタイルはやってないし・・・
演習があっちゃこっちゃ飛ぶと、定着に問題が生じるためだけど。
ただ、教科書の内容を終わらせるだけになっちゃうから、
結局理解が及ばず、塾へ・・・

ひと昔前は、塾は公式だけ教えて、点数の取り方を教えるというように
学校からみれば「邪悪」な存在だったわけだが、
最近は、塾の方が本質的な理解の方に時間を割いているような・・・
学校では、教科書をすべて終わらせるというところにこだわらずに
豊富な時間数の中で、ボトムアップしながら、生涯学習としての
勉強の意義や楽しさを伝えてほしいと思う。

さて、こちらの考えも整理できたところで、
準備しよかな。ムクドリのピヨピヨをBGMに。



塾 トップ どんな塾? おもしろい

トップ進学ゼミ にわとり担当こっこー Arrivederci!
閲覧(250)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。